October 06, 2016

分ってくれとは言わないが。

本来ならば新居に入っているはずの着任1か月が経ちましたが
いまだサービスアパート住まいです。

うねうね害虫の棲むアパートから別のアパートに脱出することが出来たことだけは
幸いですが、住居を借りるにあたり外部委託先の身元審査なるものがあり、
ソレでひっかかっております。

日本企業からの赴任者、というブランドが効かないのか、わたし個人が信用されていないのか。
しまいには日本の賃貸証明書を出せと言われる始末。
これにはさすがに参って仲介しているだけの不動産担当者に気の毒にもブチ切れてしまいました。
自分でもこんなに英語がしゃべれるとは、と驚くくらい、
それはそれは流暢なチンピラ英語でした。バーロー

ついに日本の人事を巻き込んで、このままだとビョーキになる、
仕事が出来ないのはこのせいだ、とどさくさに言い訳も交えて喚き散らしてます。(今ココ)

ナイフみたいに尖っては 触るものみな傷つけてる フミヤ状態です。


職場の人の名前はなんとなく覚えられてきたのですが、今日全く別の部署の人に
商品サンプルを手渡しすることになり、メールでやりとりしていたのですが
お互い顔を知らなかったため、調子ぶっこいて

「Ground Floorに座っている、ビヨンセみたいなのが、わたしです。」

と伝えておいたわけですが、そやつがわたしのフロアにきて
「ビヨンセ〜? ビヨンセ〜ィ?」と探し始めた為恥ずかしくなったので無視しました。


渡辺直美、と言っておけばよかったか。



marokoban at 03:22│Comments(2)TrackBack(0)現実頭皮な日。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 巨人   October 11, 2016 00:08
ビヨンセに会いにロンドンに行かねばならぬな
2. Posted by なを   October 25, 2016 17:23
きてー。きてー。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字