April 02, 2013

バルス。


夏時間が始まりました。
ブリュッセルはまだ気温5度を下回る日々です。

昨年のこの日、とにかく日々疲れていたので日の長さなんて
どうでもいいという心境で、部屋の中でぐったり映画を観ていました。

なぜ「タクシードライバー」を選んだのか覚えていませんが
久しぶりに観た名作に気分がスッキリし(スッキリ、って作品じゃないと思うんだけど)
2回も続けて観てしまいました。

タクシードライバー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]



今年のこの日、お持ち帰りの面倒な仕事が心に重く重くひっかかって
いたものの毎度の問題先送り、やっつけで夜始めりゃいいや、と
現実逃避し続けるために長編を選択、無謀にも「ハリーポッター」イッキミに
挑みました。

映像特典まで観て、ぐったりです。


作者「J.Kローリングが語る」的な映像特典で作者がさらっと

「ダンブルドアはゲイね。 あれは確かに ゲイ。」

とつぶやいてたのに驚きました。


インペリオ! クルーシオ!!




marokoban at 02:57│Comments(2)TrackBack(0)現実頭皮な日。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まあく   August 03, 2013 13:33
よく知らんが、ダンブルドア先生、ゲラード・グリンデルバルド(男性)ってゆー人が好きだったらしいね。
設定が妙に細かい物語は売れるんだなー。
続編とか作りやすいし。

クルーシオ!!されてるんですか。お大事に。
2. Posted by なお   August 10, 2013 05:29
やっぱ原作のほうが面白そうね。

クルーシオ! って職場でやったけど響かなかったね。

フランスには英国作品は響かないね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字