July 12, 2010

ら抜きの殺意づら。

数日前の新聞記事に劇作家永井愛の戯曲「ら抜きの殺意」から
引用した一文が掲載されていましたづら。

なぜ記事にその引用があったのか、肝心なところは記憶にないのですが、
「所詮 どうせと言っている限り 明るい未来は来ない」という台詞が
紹介されていましたづら。

今借りている本や買った本数冊&桑田先生の本をまず先に
読まねばいかんのでこの戯曲を読むのはちょい先になると思いますが、
今日、買いましたづら。

中高時代の友人と久しぶりに集いましたづら。

お互い違う境遇の近況報告にはじまり、中高時代の話へ。

家庭科の授業ではわれら落ちこぼれ班は
課題の献立を無視して食べたいものを勝手に作り、
クラスメートが調理している間、甘酒を飲んでハイテンションになったり、
ボウルいっぱいに「フルーチェ」「ゼリー」を作って抱えて食べたり。

受験の時はクラスの半分が推薦で進路が決まっていて
うかれぽんちな空気の中で勉強するのは大変だったよねぇ とか
マルコス宗像は闘莉王効果で校長に王手か?とか
研修旅行の骨折事件や万里の長城猛ダッシュや北京骨折武勇伝とか
(ヤンキー高校みたいですが、ヤンキーはマイノリティでした)
誰一人として忘れてくれないわたしの奇妙な恋愛エピソードとか。

好き勝手やっていた、という記憶しかない中高時代ですが
我々はあのガッコの歴史でおそらく一番ダメな代だったと思われ、
先生たちにはそのせいか最後まで大切に面倒をみて
いただいたという印象です。

高校を卒業してみんなバラバラになったけど、
これぞ ザ・自調自考 な個性的な人生を歩み。
センセーがみたらきっと喜ぶんじゃないの、と。 いやいやいや、
先生達は正直心配なんだと思います。ええ。


あっという間の4時間。足りん。


古館うざーい。


ドカベン 殿馬づら
ドカベン 殿馬づら




marokoban at 01:09│Comments(6)TrackBack(0)現実頭皮な日。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by こまどり   July 12, 2010 02:41
マルコス宗像はホント、サッカー以外は適当な体育教師だったなぁ。

水泳の授業でマルコスに俺が
「先生!バタフライのコツは?」って聞いたら、
「男は腰だ!」の一言だった。

「先生!バスケもカリキュラムに入ってますが?」
「俺、バスケットのルールわかんないからサッカーな」

「テニスもやることになってるけど、わかんないからサッカーかテニス、やりたいほうでやれ!」とか


>「我々はあのガッコの歴史でおそらく一番ダメな代だったと思われ」

OREMO?

2. Posted by かわむ   July 12, 2010 02:52
ありゃりゃ、こっちやる前にそっちやっちゃったんだ。
って、それじゃもうネタ無いじゃん!

あ、万里の長城ダッシュ野郎は、オイラの相方っすね。
3. Posted by BABE   July 12, 2010 22:12
佐々木を退けて?!
それはスゴイ。体育教師が一番偉い、ような雰囲気があったのも懐かしい。
にしても体育委員は忙しかった。。。
4. Posted by なお   July 12, 2010 23:45
◆こまどりくん
OMAEMO!


◆かわむりくん
そーなの、女子会を急遽開催したのです。
ネタはまだまだあるっしょ。

なんでみんな万里ダッシュしたんだろう・・・
ゴールは果てしないのに遠くにいけば行くほど戻るのが大変だったろうに。。


◆BABE
ホント、体育教師天下だったね。
もしかしたらジミオさんも今頃・・・・・・。

体育委員の奴隷時代。
雨で濡れたグラウンドを全校生徒のためにスポンジ持って雨水吸収させられたね。
嬉しそうにスポンジ持っているあなたとわたし、そして道連れのバレー部員の写真があります。
5. Posted by こまどり   July 13, 2010 00:15
MA・JI・DE・☆ミ?
6. Posted by ねよみ   July 13, 2010 00:43
x:q22j1え4っヴぇ3。☆ミ?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字