DCCCLXXXVIII。アヲイツキ。

January 31, 2010

エキュレの"斎藤さん"。

今日はOLみたいなブログになっちまいます。


行ってきました、「エキュレ」。
美食の王様、来栖けいプロデュースのフレンチです。
「若手シェフの育成と料理業界のさらなる向上を目標にしたレストラン」
1年期限の若手シェフ、ソムリエ、来栖氏の3人で極上の時間を
演出してくれます。

12月1日に予約をして(予約取るのも大変だったんです。感謝です)
今年に入ってからはこの日を励みに頑張ってまいりました。

ソムリエの方に勝手に名前を付けてこっそり盛り上がりました。
女子の肉食化、を目の当たりにした1日です。


わたしはなーんでも「美味しい」なので
お食事の感想は食べログに溢れているのでご覧ください。

以下一部写真にて。

来栖氏がセレクトしたパンたちがたまらなかったです。
大阪は本町のブランジュリ タケウチの「天然酵母 オリーブ」という
オリーブ丸ごと2個入りのパンは絶品。大阪に行きたい。

■天然酵母 オリーブ
ブランジュリ タケウチ。


■ホタテパン (ホタテ・黒トリュフ・カリフラワー)
ホタテパン。


■シュー・クリーム (フォアグラ・春キャベツ)
シュー・クリーム。


■ワインその2 (DOMAINE SAINT PREFERT)
カモにとても合ったかも。


■来日 (鴨・焼ネギ)
来日。


■デザート (パティスリー モンプリュのタルトフロマージュがたまらん)
適量!。


コーヒー。
グランクリュ カフェはシャンパンボトルに入った豆から
来栖氏自らいれてくれます。目の前で開栓、閉じ込められていた香りは
深いキャラメル。 ブラックを普段飲まない方でもそのまま飲めるとのこと。

グランクリュ カフェの豆。


とっても美味しい。ハーフボトルで6千円で市販されているそうです。

グランクリュ カフェ。



大人でよかつた。

ワインもいただき25,000円ナリ。 頑張って働きます。

ワインのお値段が圧倒的に有名店たちで提供される価格に比べお得。
ほかでは結果4万、5万円といくと思うと(経験したことないケド)、
トータル金額の差はココにあるような感じ。
16,000円コースは、大満足です。


春にまた!と次回予約をしてきました。



明日は、米国の台湾への武器売却について、語ります。




marokoban at 02:58│Comments(4)TrackBack(0) 美味堪能。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by けい   January 31, 2010 10:55
「ソロモン流」で観たときから気になってました。
やっぱり行く!!!
このグランクリュ カフェは本当に!美味しいです。
2. Posted by なお   February 01, 2010 00:26
是非行ってくださいー。

今日食べた辛ーいタイ料理で一気に余韻が消えましたが、
グランクリュカフェは、グラスもよくて、忘れられません。
3. Posted by 蛙   February 01, 2010 09:57
美味しそう♡

ホタテパン、深海なイメージ?
グランクリュ カフェ、飲んでみたい!

ところでなおは、オイスターは好きですか?
4. Posted by なお   February 02, 2010 00:04
ホタテ、分厚くて驚きました。

はい、オイスター好きです。お誘いですか?喜んで!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
DCCCLXXXVIII。アヲイツキ。