August 15, 2008

シェルボ1回ひねりコバチ1回半ひねり伸身マルケロフ伸身カサマツとび2回ひねり。

アジアで開催となると、平日の日中は試合を観られないかーと
残念に思っていましたが、さすが商業的なスポーツの祭典。

金にモノを言わすメリケンさまさまのおかげで、予選が夜に組まれており
予選好きのわたしにとっては好都合なオリンピック1週目でした。

※選手達にとってはしんどい話かもしれませんが。



いやしかし勝ち試合はほんと気分がいいですね。

男子体操の床の演技はいつみても楽しくて。
大技を決めたあとの「そんでもって あらよっと」的な助走ポーズが好きです。
20日に行われるエキシビションも楽しみです。

フェデ雄のテニス準々決勝敗退は残念、真っ赤なシャツは似合っていた!

馬術のおいさん、代表ホケツさん(紛らわしい)あたりは例外として、
アスリートの大半が年下。「かわいー」というおばはん目線で観てしまいます。

中国男子バレーの選手達が、若干一昔前な髪型が気になりますが
イケメン揃いでした。
そういえばわたしが中国語を学んだきっかけとなったのは、バルセロナ五輪で
活躍していた中国代表の張翔にびびびっときたからだったなあと。

中国注目です。


ミッキーに似ているとみなさんは言いますが、ネズミ年にちなんで登場した
中国オリジナルのネズミの五輪応援キャラなんです。

五輪聖火リレー最終ランナー李寧氏の展開するLi Ning ブランドの
ロゴや標語がNIKEとadidasに爆似だとかみなさん言いますが、
全然似てるとは思わないアルヨ。

あの巨人の足跡、すごかったでしょ、力作のCGですよ。
合成映像で花火を演出することは普通にあることあるよ。

微笑天使が口パクだったからって目くじら立てなさんなって。
パバロッティ氏もパックパクだったじゃないの、トリノ冬季。
よくあることなんですよ。




・・・なんて彼らの発言を見ながら、学ぶこと多き五輪。


わたしに足りないのは開き直る精神 だなぁとか。

「相手」がやってるからとかたくなに拒否して追随しなかったり、
と思いきや悪循環な泥試合には首を突っ込んだり。
そんなことに自己矛盾を感じる日常を、
ちょっと違った気持ちで過ごしている五輪週間です。



◆ケルンでも大人気(たぶん) We Will Rock You。
さすがに独語で観るのはきついか。駅のホームより。

イッヒリーベは水兵リーベの親戚。

marokoban at 02:49│Comments(4)TrackBack(0)かくおもふ。 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   August 15, 2008 09:59
相変わらず不器用に生きてるな。開き直っても無駄だからそのままの自分を受け入れなさい。耐え難きを耐えの精神でな。
2. Posted by まあく   August 15, 2008 13:35
いや、ケルンでろっくゆー見ましょうよ。
ストーリー知ってるくせに。

中国男子バレー、私もなかなか、と思ってました。
おかげさまで五輪三昧です。
3. Posted by ミヨ   August 15, 2008 14:49
勝ち試合は面白いよね〜。
昨日なんか会社でみんなテレビに釘付けだったよ。
北島の決勝。
好みじゃないけど、やっぱりかっこいい☆
以外と好みだったのは内村選手。
・・・犯罪かな、やっぱ。
4. Posted by なお   August 16, 2008 00:15
◆通りすがりな人
了解。

◆まあく
でもローカルネタがまったく理解できないのはつらいよねぇ。原曲どおりエイゴで歌ってるんだよね?
いきましょ。

◆ミヨ
背泳ぎのナンタラってのもいい顔してた。
水泳平泳ぎのフランスもよかった。
犯罪ですかね、やっぱ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字