ぷりもぷえる一日一笑。

August 31, 2005

美しいニホンゴ。

仕事帰りに本屋に寄りました。職場は大手町(神田寄り)、最寄には
本屋はありますが、帰宅路とは逆方面の有楽町三省堂へ。

東京駅前に丸善ができましたが、駅前とはいえ、東京駅が大きすぎるせいか、
あまり駅前感がなく、いつも寄るのは有楽町。お買い物もできるし。

買った本は、3冊。そのうちの一つが『頭のいい日本語力』
安っぽいタイトルではありますが、小ネタが面白い。

古い友人達、中でも親しい大学の友人には、
「要らんこと山ほど知っていて、常識知らず。日本語ちょっとヘン。」
とよくいわれたもの。そんな友人達よ、ご安心あれ。

最近仕事で、言葉の丁寧さと表現の豊かさを誉められたのよ!
(ガイジンさんレベルにしか思っていなかったからかもしれませんが。)
お調子者かつ若干オタクな私は、極めるべく、日本語に関する本を求めて
有楽町に行った、という話。

確かにコトバについては以前よりもよりセンシティブになっている気がします。
それは多分、転職して人によく会う仕事をするようになったからかな。
1つの意思表示に何通りもの表現方法があるわけで、TPO(きゃー死語)に
合わせて色々表現をかえる、自然にできるのって粋じゃん、たぶん。

このブログを始めたのも、仕事で関わるからということもありますが、
表現の訓練?という意図もあり。。ということで、ヘンなニホンゴあったら
ご指摘下さいませ。

心配してくれた友よ! 少しはマトモになって、頑張ってるアルヨ。

以前の私:先輩・後輩と3人で語っていたときのこと。日本人の「おくゆかしさ」「ひかえめ」な立ち振る舞いのことを”日本人はしたたかですからねー。”と表現した私。後輩も”そうですよねー、ワビサビですよねー”と同調。凍る先輩。

ホントは日本人



marokoban at 23:24│Comments(0)TrackBack(0) 遊ぶ為に働く。 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷりもぷえる一日一笑。