January 21, 2006

ザゼン。

予報どおり、雪が降りました。結構どかっと。
そんな中、桜の会(05年12月16日記載)の新年会があり、中目黒までお出かけ。

家を出て、駅まで歩いていると近所の子供たちが雪の中
きゃーきゃー言いながら雪で遊んでる。寒くないのか。子供は元気です。
駅まで歩いて10分ほどなんですが、雪だるまを沢山みました。

公園にあるサッカーのゴールには3個(体?)。これにはウケました。
大人が作っていたということもあってか、気合の入っていること。
子供よりも大きい雪玉をごろんごろん転がして作って並べた
雪だるまは、勢いでつくってもうた、という感じ。
パパだるま、ママだるま、子だるまという設定でもなく、大男3体、
という風貌のものでした。

新年会が終わって夜、サッカーゴールの雪だるまは、完成後に
どこかの子供にドロップキックをくらったらしく、無残な姿になってました。。

雪だるま。

日本の雪だるまはだんご2つですが欧米は3つですよね。
3つは頭・胴・足で、そのまんまスノー「マン」。
2つは座禅を組んでいる形。達磨なだけに。江戸時代の雪だるまは達磨大使の
石像で、大人が作るものであった、とのこと。中国も2段だったような。

雪だるま。

marokoban at 00:00|PermalinkComments(8)

January 15, 2006

斬られる。

昨日友人とスポーツジムに行ってきました。
かつて週1で通っていたときのコースは、ランニング+プール。
今年もそんなかんじでやろうかなと。(決意!)

1時間ほどジムで運動したあと、スタジオのコースに参加。
体験したのは、「ラテンエアロ」。腰フリフリで骨盤の歪み矯正に効く、
というラテンの音楽にノリノリにノッて踊る、45分間のエアロビクス。
インストラクターがひゃっほうひゃっほう楽しそうに踊っていて、30人ほど
の参加者も非常に楽しそう。みんな汗だく。

ところがわたしは、全然汗をかきませんでした。
かいたといったら、冷や汗でしょうか。
まっっっったくついていけず、左右に揺れる程度で殆ど踊れなかったからです。
ここまでセンスが無いとは思わなかった。不器用というか。
真正面の鏡に映る自分の姿の情けないことったら。
誰だオマエは!なんだその内マタ動きは!! みたいな。

音楽に合わせて好き勝手に踊るのとは全然違うんですねぇ。
モンキーダンスくらいなら出来るんだけどねぇ。
フランメンコを踊れる友人を思い出し、改めて尊敬するのでした。
ちゅうことで、エアロビはしばらく封印することにしました。

その次の「ヨガ」コースでは、インストラクターと何度も目が合っては
「無理しなくていいんですよぉ〜」と言われ。 

・・・走りと泳ぎにしばらく徹します。

+++

今日はお正月に録画しておいた番組を観ようとわくわくしながら
再生。流れるは「モノマネ王座決定戦」系バラエティ。

 美空ひばりそっくりじゃーん
 やりすぎだよその鼻、研ナオコかわいそうじゃーん、・・て本人だよ〜

と番組にツッコミながら観ること数分。

・・・おっかしいな。観たいのはこれじゃないんだけど。。
早送りして観ても繰り広げられる次世代コロッケたちのモノマネ合戦。

どうやら録画したい番組をセットし間違えたらしい。

観たかったのは、『新撰組!』。土方歳三の最期の1日ってやつ。
がっっかり。どなたか録画した方いませんかぁー。

半年後にこんな。

◆ダイアモンドヘッドにワイキキビーチ!
極楽〜。



marokoban at 18:49|PermalinkComments(0)

January 12, 2006

ナマ。

今日の午後は打ち合わせで外出。場所は新宿御苑前。
ほんと、「前」なのよね。このくらい前でないとね。

というのも、忘れはしない中学3年の修学旅行。
旅行先は、奈良メイン+京都。「現地集合、勝手にやりなさい」という
わが母校のありがたい方針に基づき、みなほんと勝手にやっていました。

「冷やし飴」 とやらを本当の「飴」と勘違いし、
「冷やし飴とコーラください」 なんて注文をして、目の前
水モノが2つ並んだときは吐きそうになったなぁ。

奈良。友人とまず目指したのは、「浄瑠璃寺」
奈良駅からバスで延々40〜50分だったでしょうか。
「浄瑠璃寺口」という停留所で降りたわたしたちはあたりに
何もないことを不思議に思いながら人に道を尋ねると、
山の上を指差して「あそこだがや」(そんな口調じゃないって)
意味が分からず山道を無言で登ること、40分(多分)。
浄瑠璃寺に着いたときの感動ったらもー。全てがキラキラしていて
言葉が出ないほどの感動!

ふとお寺の前にある「浄瑠璃寺前」という停留所をみて、下車場所を
間違えたことに気付き、目眩。紛らわしい名前付けるな!!
と自分の勘違いに逆ギレしたのを覚えております。

でもあのときの光景はほんと素敵でした。

・・これには続きがあって。

それから10年後。社会人になってからのこと。
大阪に遊びに行くついでに浄瑠璃寺に立ち寄ったのですが。
はい、同じ間違いをしたんですよね。今度は一人。降りて数分後に
ヤバイ!!!!と気付いたものの、後続バスは来る気配なし。
腹を括って登山開始。

 急に雷。
 そして大雨。
 山の中、雨宿りする場所無し。
 全身ずぶぬれ。

やっとたどり着いた浄瑠璃寺の池は大雨で水位が上がって
あふれ出しそうになってるし、こっちはずぶ濡れだし。

お寺の方が見るに見かねてお部屋にあげてくださり、そこで服を
乾かしたのでした。ありがたや。

ということで新宿御苑「前」にちょっと感動したのでした。
ていうか、浄瑠璃寺「前」もほんと「前」で自分が間違えただけなのだけど。

+++

◆今日の気になった情報(不定期)◆
お昼は新宿御苑前の「せんば自由軒」にて。「本物の自由軒」とは異なる
ようですが、ここで食べたインデアンカレーの上にかかっていた『生卵』。
カレーに生卵をかけるのは久しぶり。カレーに生卵はどうやら大阪発とのこと。
わたしは関西出身なので、ごく当たり前に小さいころはかけてましたが、
ふうんなるほどね。

輪郭だけキョンキョン。



marokoban at 21:41|PermalinkComments(3) かくおもふ。 

January 11, 2006

焦げあばら。

あっちゅうまに1月も11日経過です。
極楽のお正月ワイハーが随分昔のように思われます。

ひたすらのんびり。を実施したハワイ5日間で頭の中空っぽ。

ちょいと奮発したお部屋でくつろいだり、ビーチで日光浴したり、
ふらっとお散歩したり、そして豪華なディナーを堪能したり。

ホノルルは日本人だらけ。日本語しか聞いてません。
英語が堪能な友人が英語で店員さんに話しかけると、
『ナゼしゃべれるだ英語!?』と必ず聞かれるくらい、日本人は
堂々と日本語を話しておりました。
海外挙式は日本人だけのブームかと思いきや、みかけた3挙式の
うち2つは韓国カップルのものでした。ビーチでチマチョゴリ。

いやほんと、南国の暖かさは心を癒しますね。
みんな笑顔だし、のんびりしているし、時間の流れが今までと
全く違いました。 非日常。 自分に足りなかったのはこれだなと
実感しながら有意義な5日間を過ごしました。

とはいえ、あまり日焼けしたくなかったのに焼けてしまった!
焼けてる場合じゃない。だのに焦げました。一部。あばら。

今年の決意。

捨てる 切る 替える くつろぐ 旅に出る くつろぐ 痩せる

次の目標は、サイパンです!!

+++

◆今日の気になった情報(不定期)◆
過食は浮気より良心が痛む (イタリア発情報)
ちなみにわたしは過食で後悔したことはございません。


午後外出で天王洲アイルへ。乗り換えの浜松町駅で、見覚えのある、どオレンジのジャンパーに、坊主頭。。前の会社の同期にばったり。相っ変わらずの口の悪さというか・・久しぶりに会ったというのにけちょんけちょんに斬られるわたし。お互い、相変わらずでした。



marokoban at 23:24|PermalinkComments(5) かくおもふ。 

January 01, 2006

市毛良枝。

寧日なくゆっくりブログを更新する間もなく、あっという間の新年です。

年末年始、テレビはスポーツとお笑い三昧。そしてお約束の『朝まで生テレビ』。

大晦日の男祭り をちらと観たのですが、金子賢のチャレンジはどないやねん、
なめとんのか、とあまり期待はしていなかったのですが、試合を観てびっくり。
足、キレイ!!! 長いということもありますが、とにかく足の形が
んまーキレイなこと。堪能しました。結果はどうだったか、彼、鼻血出してましたね。

いつもより、芸人の稼ぎ時といいますか、生放送が多い。出番が多いから
ネタを作るの大変だったろうなーがんばってるなーと感心しながら
なんてことない時間を過ごしました。

05年は実にたくさんのひとに出会った1年でした。
忙しい反動で激しく遊んだ1年でもあります。
散財した1年でもありました。イタイ。

年末に知り合いの飲み会に参加して、いい言葉をききました。
ひとりひとりがコメントした、05年の総括の中で。
その1年は幸せだったといって、ある人との出逢いを挙げた方がいました。

あ、そういうの大切。そう言えるの素敵。
その場で諸々後ろ向き発言(「05年は疲れたぁ、06年は仕事辞めるぅ」)ばかりしていた
わたしとは大違い。
いろんな人に会ったなあ。仕事でも、プライベートでも。
きっと今までで一番多くの人に出会った1年でしょう。いい1年だった、な。
一期一会、で今年は大切にしていきたいと思います。

えーとりあえず、年明け3日より、初ハワイ。
贅沢に、遊んでまいります。抱負はそれから。

初描きがボビーとは・・・


◆年明け一発目の映画はコレ:『Fame』
ニューヨークの公立芸能学校を舞台に、ショービジネス界のトップに立つことを夢み、歌やダンス、演技を学んでいく若者たちの姿を描いた作品。アカデミー賞作曲・主題歌賞受賞作品。このテレビシリーズのComplete First Season もありますが、残念ながらリージョン2は無く、観られません。。





marokoban at 23:56|PermalinkComments(4)

December 25, 2005

黒色的蛋黄醤。

いまやF−1、K−1よりも有名なM−1グランプリ(無責任発言)
まちに待ったファイナル。わたしの予想は

1.笑い飯
2.麒麟
3.チュートリアル

だったのですが、優勝したのはブラックマヨネーズ。
予想は大きく外れましたが、この優勝には超納得!!!
テンポのよさとボケ方としつこさとアリエなさ。
全てにおいてダントツでした。
案の定、アクセス集中で関連サイトにはなかなかアクセスできませんでした。

いやー来年もいろんなライブがありますが(3月には80s代表 Rick Astley!!)、
お笑いも抑えておきたいなと思ったのでした。

中でも笑点は外せません。

※黒色的蛋黄醤:ぶらっくまよねーず

4冠ならず。



marokoban at 23:22|PermalinkComments(3)

December 16, 2005

サクラノカイ?

今週は、火曜・水曜に大学時代の友人と飲んでます。
両日サシで飲んだのですが、この2人とは今週土曜にも会う予定。
て書くと「仲いいのねぇ」と思うかもしれませんが、1週間に
何度も、てのはごく稀でして、土曜の集いは毎年恒例の忘年会。

サイバーな空気が漂うキャンパス内で徹底してアナログを貫いた?
私たちテニスサークル(一応)つながりは、学生時代『桜の会』
なるものを結成し、時には華麗に、時には無謀にオンナに磨きを
かけていました。

桜の会。構成員7名。ざっくり分けると彼氏がいる者は「桜満開」、
いない者は「桜散ったかい」。クリスマスイブには全員集まって鍋。
これにはなぜか満開も参加。密室鍋でか、軽い酸欠状態になったり。
彼氏のいない構成員の思いっきりがんばったカワイイ服装をみては
『やけくそファッション』と名付けたり(名付け親R)、基本、毒舌。
勢いありあまりで、なんでもアリで楽しかったなあと。

今週はとにかく色々と思うところがあり、そのタイミングで
大学時代の友人に会えたのは非常によかったなと思いました。

特に仕事に関して。価値観を共有できて、また私のとんでもない
発言までもフツーに受け入れてくれる彼女たち。全く別々の道を
歩んでおり、会うたびに自分の随分先をいっているように
思えますが、基本気にしぃで悩みぃなわたしに、『進め進め』と
アドバイスしてくれる(イイ意味で何も考えていないとも思える)強い味方です。

で、今週久々に7人揃います。自称マダム(どーよ)の大邸宅にて。
きっと激しく飲んで終わるような気がしますが、会えるのが
ほんとほんと楽しみです。今週もあと1日だ!!

◆いまさらなんだけど、パパイヤ鈴木が気になります。あんな風に、踊りたいです。
まいう。



marokoban at 00:32|PermalinkComments(2) かくおもふ。 

December 11, 2005

見聞広、刺激大、我楽。

この週末、同僚の誘いで、タンゴの夕べなるものに参加しました。
アルゼンチンタンゴを習っている同僚の先生が主催したもので、
プロ・アマによるダンス披露のほか、参加者が自由に参加できる
ダンスタイムもあり、実に初めての経験、見聞が広まった、そんな
1日でした。(あ、経験いうても、私は観ているだけで踊ってないです)

さて、年末。今年もあと残すところ3週間。
ここ2ヶ月は色々あってよく考えさせられている年末です。
今年あたまに某SNSで今年の目標を掲載しました。こんな↓

快眠、快食、北京、上海、テンピュールマットレス、
沖縄、白神山地、NY、Matt Biancoライブ、エピソード掘
クライアントとの信頼関係、メリ・ハリ・ハリ・メリ、
みんなを笑顔に!自分も笑顔で!


当時頭に浮かんだwish listといいますか、これらキーワード
がそれなりに満たされたら今年は充実だ、なんて思って掲載したのを
覚えております。年末なので結果を。黒星が点数(5点満点)です。

快眠・快食:★★☆☆☆ 眠れない夜が続き快眠具合は最低、美味しいものは沢山食べた!

北京・上海:☆☆☆☆☆ 無念。

テンピュール:★★★★☆ マットレスは無理でしたが椅子用には2点購入

沖縄・白神山地:★☆☆☆☆ 行かれなかったが企画もしなかった。

NY:★★☆☆☆ 出張で行けたが、何がなんだか。旅行で行きたい。

Matt Bianco:☆☆☆☆☆ でもまたBlue Noteに来るとか。

EP3:★★★★★ 劇場2回、DVD3回観た!

クライアントとの信頼関係:★☆☆☆☆ イタタタタ・・・

いやー目標もさることながら、しょっぼい結果でしたなぁ。
さて来年はどうすべか。これからゆっくり考えます。

『何事も経験』 『文句はやってから言え』 『たつ鳥跡を濁さず』

を自分にも他人にも(余計なお世話だ!)強く求める今日この頃。
うーん何かを暗示しているような気がしますが、こんな言葉をキーに。
そしてひきつづき、メリ・ハリ・ハリ・メリ、みんなを笑顔に!自分も笑顔で!

早速、興味本位で、おフランスで『コカ・コーラ ブラック』を体験してこようかな〜。

◆ちなみにタイトルはチャイ語でも文字化けでもございません。

ブラックの後継候補。



marokoban at 17:45|PermalinkComments(2) かくおもふ。 

December 03, 2005

激しく、辛い。

会社の同僚宅に集まる。
タイ料理を囲んで、飲もうや食おうや騒ごうや。がコンセプト。
各々おつまみにデザート、お酒を持参して集合。

ホストの旦那さまが本場タイ仕込のお料理を披露。
手際よくトムヤムクンにレッドカレー、タイの卵焼きなどを
作ってくださり、チーズにレーズンにアボカドディップ、酒酒酒酒酒酒、
イチゴのケーキを平らげること5時間。

◆肝心のタイ料理のショット撮れず。
美味!

盛り上がっていてなにがなんだか経緯が思い出せないのですが、
わたしは『ドビー』と呼ばれており。

えーと、ドビーって。ハリーポッターの屋敷しもべ妖精。
しもべ 妖精。しもべ ドビー。

なんでやねん。

◆キャラがドビーなのか、ドビーに似ているのか、どっちよ!?
よーこー。



marokoban at 00:00|PermalinkComments(2)

December 02, 2005

激しく、泣く。

友人に激しく薦められていた映画『チャーリーとチョコレート工場』。
どうやらわたしみたいな?わたし好みの?キャラが出ているそうな。
六ヒルのヴァージンシネマズではチョコレートの香りを演出してくれるということで、
12/2が最終日、行かねば!と集う。

あわただしく仕事を片付けて、タクシーで六本木へ。
世間はボーナス支給日の金曜とあって、なんだか大渋滞。
ぎりっぎりで間に合いました。(映画観るときはいつも滑り込みのわたし・・)

原作を読んだことがなかったため、ディズニーランドみたいなめるへん三昧の
映画なんでしょどおせ、とあまり期待はしていなかったのですが、いきなりの
ブラックなオチにびっくり(セルロイドの人形が燃えるところです)。
観客がその展開に『ゲッ』とひいているのにも関わらず、大爆笑のわたし。

しかし大爆笑はこれだけでは終わりません。
キモかわいいオッサンたち、ウンパ・ルンバ(それも複数)の登場。
その動き、踊り、歌。パクリもある。
これでもかこれでもか、と楽しい音楽に合わせて子供たちを成敗するシーンは
ブラックながらもユーモア満載。

大笑いで激しく泣きました。

主演のジョニーデップの奇異さもすごいですが、やはりこの映画の目玉は
ウンパ・ルンパでしょう。

サントラにDVD、買いです。

◆ほしい。
描けなかった。



marokoban at 00:00|PermalinkComments(4) 音楽的映像的。 

December 01, 2005

若者とプレー。

職場のアルバイトの大学生ボーイズ&ガールズと、我々社員とフットサル対決。

仕事を終えて、20時、東陽町へ。

フットサルは8月以来。今回は12月、外は寒すぎます。
アイスクリームを食べるバイト君に驚きながら、
ひー きゃー わー ぎゃー さむいー 痛いー きゃー はいー 
それー いけー ぎょえー きゃー
ってやること、1時間半。

限界を感じ、早退。お先に失礼しましたー。

◆基本、ぢっとしてました。

ふっと猿。Part2



marokoban at 00:00|PermalinkComments(0)

November 30, 2005

祝。

色々あった1週間で、ブログ更新が滞っておりました。
毎日かくなんてことができず日記をまとめて書く、なんてことは小学校のときから
やっており、ブログだけはなんとかDailyに・・・と思うも無念、今回にかぎり
一気にざっくりご報告。

さてこの日は誕生日会。
とっても大切な友人達にフレンチでお祝いしてもらいました。

◆1歳。
おめでとー!

◆2次会。
汽車部

メールでもみんなにお祝いいただいて、
姪甥からは電話をいただき(かわいすぎます)、
毎年ほんと幸せでございます。

で、帰宅後。
夜中長電話をしていたら、いやー根性なくなっており翌日寝坊・・・。
激しく遅刻するのでした。。



marokoban at 00:00|PermalinkComments(3) かくおもふ。 

November 27, 2005

茶茶茶。

小・中学校時代の友人の披露宴に行ってきました。
1年ぶりに会った花嫁姿の彼女は、非常に落ち着いていて、キレイでした。
彼女のご両親に会うのは18年ぶりでしょうか。
『なおちゃん、全ッ然変わらないわねーーー!』と涙ぐみながら再会を喜んでいただく。
非常にリラックスしたアットホームな披露宴でした。おめでとう!!

懐かしいことはもひとつあって。

今月バレーボール ワールドグランドチャンピオンズカップが開催されていました。

元バレーボーラーなわたし。この10年の間にルールが変わって25ポイント制になり
りべろなんてポジションまで出てきて、ついでにジャニーズがちゃちゃちゃちゃ言ってて
すっかりついて行けなかったのですが、今回久しぶりに男子の試合を観てみました。

荻野、南、齋藤。泉川はコーチ、植田が監督。
ベテラン勢の顔ぶれをみて、ああ懐かしや懐かしや。
らぶりー加藤陽一が出ていなかったのは残念ですが。

そういや高校時代、中国のエース張翔のプレーに憧れて、修学旅行で中国に行って
頭はすっかり中華三昧になっていたこともあり、
『張翔に会うには通訳になればいいんじゃないのか?』
と考え中国語を勉強したっけなー。
その後張翔は日本の実業団東レでプレーしていてすぐそこ?まで来ていたってのに
その頃の私の中の中国熱はすっかり冷めており、出会えるものも出会えない結果に。はあ?

なんて学生時代を思い出したグラチャンでした。


◆週末。姉家族が遊びに来ており、ちょっと早いですがお誕生日おめでとーと、
スッごく辛いグリーンカレーとボジョレーでお祝いいただく。あざっす!

にっぽん。



marokoban at 23:12|PermalinkComments(4) かくおもふ。 

November 20, 2005

涙と美のセラピー。

すっばらしい映画に出逢いました。
とおすぎもピーコも絶賛した映画を観ました。

私の頭の中の消しゴム』 韓国映画です。
原作は木村元子著の同名小説で、ドラマ『Pure Soul』になったそうです。
妻がアルツハイマーになってしまうという重いストーリーですが
もお、号泣。映画館中みんな涙涙涙。すすり泣きというか嗚咽までも
聞こえるという、切ない映画でした。

内容はさておき。

最近激しく笑ったり怒ったりはしたけれど、感情バランス的にあと足りない
のは『泣く』行為。泣く、という行為は一つの精神セラピーになるとか。
どっと疲れるくらい泣いたけれど、色々と流せた気がしました。

セラピーつながりで。

ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャーの茂木健一郎氏の
研究で面白い言葉がありました。脳科学者でもある彼。
雑誌『大人の科学』でのプラネタリウムクリエーター大平貴之氏との対談にて。

『美しい』と思っている時の脳の活動部位がわかってきたんですけど
その部分の脳の活動が低下すると、鬱病になるらしいんですよ。
つまり、”美”というものが、脳にとって重要なインフラになっている。


なーるほどー。
芸術、映像、景色、ヒト、食事、食感、触感・・

色々なものにふれて、美的感覚を刺激していきたいと思った次第です。

勝手にピーコファンクラブより拝借。



marokoban at 23:38|PermalinkComments(2) 音楽的映像的。 

November 17, 2005

解禁。

ボジョレー解禁日。
ということで、職場で仕事の合間、夕方からボジョレーぱーちー。

JALショッピングにて注文のボジョレーワインに
弊社ではちょっとマーケ関係旬ネタの『イエローテイル』計7本。

それに加えてストーンクラブ クロウ(石蟹!)に、チーズにハムに、お寿司にお菓子・・・

会議室を即席ぱーてぃー会場にし、スタッフ入れ替わりでまったり。
途中からドミノピザを注文してワイワイ。

各々のネタに笑った4時間、22時にお開き。
残りの仕事をちょっと片して、帰ります。

あー美味しかった。

◆髪型なのか、顔なのか、『モンチッチ』と先輩に言われた、ぼじょれーぱーちー
あっちゅー間に無くなる。



marokoban at 23:28|PermalinkComments(2) 遊ぶ為に働く。 

November 14, 2005

地球を眺めながら、聴く。

ポール・マッカートニーが国際宇宙ステーションに向けてライブ中継を
したというニュース
目覚まし音楽として演奏されたのは、ビートルズ時代の"Good Day Sunshine"
と新曲の"English Tea"の2曲。
"Good Day Sunshine"が今夏スペースシャトル「ディスカバリー」の
目覚まし音楽に使用されていたという縁で実現した企画とのこと。

短い楽曲だけど、前向きな曲。地球をみながら聴くGood Day Sunshineは
どんなだろう、と思いを馳せる。

わたしなら、何を聴きながら地球を眺めたいかな。

色々考えて候補に選んだのは..

John Williams の作品・・・偉大なるComposer
Olympic Anthem・・・感動感動
オリンピックつながりで David Fosterの Winter Games・・・元気でます。
Louis Armstrongの"What a wonderful world" もよし。

んーやっぱりこれかしら。
Top Gun Anthem 

おめでと。



marokoban at 23:01|PermalinkComments(0) かくおもふ。 

November 13, 2005

ちょい悪おやじ。

20代前半の頃はいわゆる流行りのクラブにたまあに行っては
ちろちろ地味にノッておりましたが、今はもう怖くて行けません。

そんなわたしが今でもノリノリ(あー死語)になれるお店があります。
Soul Cafe GQ というカフェ。60sから80sまで店舗によって
流す曲がわかれているのですが、わたしが最も愛しているのは80s、
赤坂見附の4F店です。

  朝起きて、よし、今日行く。

と思った、先週水曜。ともに濃い〜80sを過ごした友人とGQへ。
半年ぶり。この半年で私自身色々と変化はありましたが、GQも
変わっていました。 ・・・名前が。
その名も、Soul Cafe 鶴千。 どん引き。どーなのよ。
雑誌GQと商標絡みでモメた結果の改名とのこと。にしても鶴千とは・・

でもまあ変わったのは店名とメニュー若干、だけ。
この日もすんばらしいDJの巧みな技による80s musicが流れていたのでした。

このお店、80sに青春を過ごした人がメインなもので、年齢層は
30代以上が大半。ということもあって、お姉さま方はバブリー&パワフル。
ワンレン・ボディコンとまではいかないものの、かすかに残る、
バブル期を彷彿させるくねくねダンスと、「男子は下僕」的な
立ち振る舞い。

わたしたち氷河期組は、というと。
お姉さま方の力強さをスゴイスゴイと眺めながら、DJの真ん前で大合唱
のMTVモノマネ大会。(←傍からみて相当おばか)

知らないおぢさんやお姉さんや若い女のコたちと狭いフロアで
踊りながら思ったこと。女子は元気だけれど、男子はあまり元気ではない。
元気ではないというか、不自然というか、手つきが、オジサン。
どさくさにまぎれて・・というオジサン。
LEONでいう、ちょい悪オヤジとは程遠い、ちょいエロオヤジが
その日はなぜか目立ったのでした。

ニッコニコのわたしたちに一瞬近づくも、あまりにもノリノリMTVな
盛り上がりだったもので、オジサンたちのヒキは早かった。。

あんなにはしゃいだの、久しぶり。
好きなことを好きなひとと一緒に楽しめるのって、幸せだなぁ。


◆今日また髪切りました!結構ばっさりと。スッキリです。

ヅラっぽい。



marokoban at 19:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 音楽的映像的。 

November 12, 2005

がーるずとーく。

友人に紹介してもらって以来お気に入りのお店があります。
六本木けやき坂にあるイル・ムリーノというNYスタイルイタリアン。

このお店には大切な人と行きたいなーと、思っており、友人の
誕生日会などでこのお店を利用しています。
サービスよし、みなさんも是非。

しばらくの間行っていなかったのですが、会社の先輩&クライアント
と金曜日に行ってまいりました。

仕事はわすれて、女子5人。30代・・のガールズトークは面白い。
毒の入った社内ネタに始まり、男子の話に。
デブ専だ、メガネフェチだ、靴下はファッションの全てだ、
頭の悪い男は許せんだ、どっかんどっかん。

スポーツジムに通いたいが、行くなら出逢いも必要よね。ならば、
・六本木のジムの朝1 はヤンエグ率100%。早起きするか。
・三茶のジム     はクリエイター率が高い。たまらんねえ。
・新宿のジム     は会員数は多い。がゲイ率が高い。

などなど。勉強になりました。

◆今日は前職でお世話になった方(いうてもタメですが)と飲みに。結構飲んだなぁ。今の職場の同僚が彼の元同僚であること判明。狭いねえ。

ipodnanou_468-60.gif




marokoban at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美味堪能。 

November 07, 2005

歴史を語る。

音楽は、主に洋楽を聴きます。
あまりコトバがダイレクトに脳に入らない方が、音楽って聴きやすいから。
日本語だとコトバの意味が解るだけに、歌詞が生々しくて、共感できない
ものが多い、気がします。

ということでipodには洋楽9割。
先日いつも通り出勤途中に聴いていて、驚く。
Billy Joelの"We Didn't Start the Fire" という曲。

この曲自体は15年以上前、89年に発表されたものですが、メロディライン
が好きで朝のローテンションを和らげるためによく聴いています。
先述のとおり、何を歌っているのか全く気にせずいたのですが、歌詞を
無心で口ずさんでいてハッと気づきました。

  この曲 文章になっていない。

こう言うとえらい英文法の得意なヒトに聞こえますが、そうでなく。
この曲、ただ固有名詞が延々繋がっているだけだった、てことに
発売から16年経って初めて気づいたわけです。

こんなかんじ。

Harry Truman, Doris Day, Red China, Johnnie Ray
South Pacific, Walter Winchell, Joe DiMaggio

Joe McCarthy, Richard Nixon, Studebaker, television
North Korea, South Korea, Marilyn Monroe

Rosenbergs, H-bomb, Sugar Ray, Panmunjom
Brando, "The King and I" and "The Catcher in the Rye"

Eisenhower, vaccine, England's got a new queen
Marciano, Liberace, Santayana goodbye

そう。こちら、歴史的出来事にまつわる固有名詞の羅列。
Billyが生まれた1949年から89年までの40年の出来事が歌詞と
なっているのでした。思わず検索してみると・・結構この歌詞に
ついて調べたサイトがありまして。参考になったものをこちら
リンクしておきます。


非常に面白い。この曲がますます好きになりました。

で、わたしの生後20年(おい)は流行語でたどるとこんな。

巨人軍は永久に不滅です オヨヨ 死刑! たたりじゃー
口裂け女 窓際族 フィーバー デンセンマンの電線音頭
ナウい ぶりっ子 とらばーゆ カラスの勝手 なめネコ んちゃ
るんるん 頭がウニ まる金まるビ・・・・・

なんのこっちゃ。


◆同僚の披露宴にて。
おめでとう!



marokoban at 01:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 音楽的映像的。 

November 05, 2005

20年経ちました。

『電車男、の友達。(10/8)』で書きました、、菅原永二くんの劇を
先日同級生5人で観に行ってきました。場所は演劇の街、下北沢。


小劇場ならではの客席との一体感。役者の汗までよくみえる。
狭い舞台が彼らの演技ひとつで様々なシチュエーションに変わる。
個性ある役者さんたち。改めて演劇の面白さを感じました。

舞台が終わり、ロビーで永二くんを出待ち。
出てきた永二くんの驚いた顔。みんなの喜ぶ顔。

同窓会などで何度か会ってはいましたが、出会ってから実に20年。
なんだか照れ恥ずかしいような。。せっかくだから是非ご飯でも、
という永二くんのお気遣いもあり、その後プチ同窓会を。

5人の顔をみていて思ったこと。しばらく会わないうちに
立派なママになっていたり、すっごく背が高くなってたり、
演劇の道に進んでいたり、みんなバラバラなんだけれども、
どこかで知り合い繋がりがあったりで、あまり距離や時間を
感じないなあ。

人格が形成される多感な時期を一緒にすごしたからかな。
今でもへこたれたときに会いたいと思うのは、同級生であり、
とてもリラックスできる、大切にしたい、仲間です。

頑張るみんなをみて、やる気失くしている場合じゃないなと。

※菅原永二所属劇団『猫のホテル』はこちら
猫のホテル



marokoban at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) かくおもふ。 

November 04, 2005

若者に癒される。

ちょっと最近情緒不安定。ついに仕事で電話中に急にぶっちぎれて
しまい、切ったあと涙がどばばばばーー。とにかくくやしくて。

未熟だなと反省するも、仕事をする気に全くなれない。
そんな私を気遣って、大学の友人が飲みに誘ってくれました。
いつもこうやって気遣い飲みをしてくれる友人よ、感謝。

ぱーっと飲む、飲む、飲む。飲む。

店員の男の子(不自然な髪の長さ、バンド系か、運動とは無縁そうだ、
素朴だな、という感じ)が思いがけないサービスをしてくれて
もうねえさんイチコロ。思わずチップを渡しそうになる。
※フツーの居酒屋ですよ、居酒屋。

一気に癒される。

ふと思い出した、銀座のクラブ。何度か上司や親につれていって
もらったことがあったのだけれど、料金や内容はいかがなものか
と思いますが、ああいう世界が廃れないのは理解できる。

延々とエラそーに仕事の話や愚痴を言っても
「そうなのね」「大変そうね」「スゴイわね」 と言ってくれる。
言いたいことを言いっ放しで癒してくれるんだから、儲かるわな。

かたや女子の夜の癒しって、どちらかというとミーハー。
ホストクラブや一昔前のJ men'sなどのド派手系エンターテイメント。
この辺は残念ながら未経験ですが、女子にはパワーを感じます。
韓流王子に癒されているのも同じパワーだと思う。
ストレスを言葉通り「発散」してる感じ。

さてわたしの癒しの夜は。
マッサージや運動もよいのだけれど、この居酒屋。
店員くんの素朴な笑顔とさりげないサービスは、今日のような
仕事でぶっちぎれた日にはちょうどいい。かわいかったのぅ。

YMCA



marokoban at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 29, 2005

イチゴの香りはみんなのもの。

職場は大手町。よく会社帰りに皇居の周りを走っている人を
みかけます。「よくやるよなーしかし。」と横目に通り過ぎていたのですが、
ホノルルに向けてトレーニングを続ける友人に誘われて、昨日初体験。

内神田にある銭湯『稲荷湯』にて着替える。
こちら、大手町界隈に勤める人たちがマラソンの前に立ち寄る銭湯。
ここで着替えて、走るそうです。利用料金400円。
入り口にトレーニングシューズがどっさり置かれていて、高校時代の
部室を思い出させます。

いざ出陣。
皇居1周は約5.5kmあるらしく、今回は途中桜田門からのショートカット
を入れての5kmコース。

走るのは好きなんだけれど、5km走るのは久しぶり。距離感がつかめず
しんどいなあ、と何度か思ったんですが、夜20時台ともなると
風はほどよく涼しく、走るには適していて、気持ちよかった。
とはいえ、皇居周辺は交通量が多く、排気ガスがひどい。
体力的にはもちろん、せいぜい1周が限度かなと思いました。
夜道であるゆえ、裸眼(0.1程度)で走るとよく見えず、また
車道から離れたところは人通りもなく、一人で走るのはちょっと怖いかな。

友人に伴走してもらい、なんとか完走。
銭湯で汗を流し、友人常連の居酒屋『葉菜海家(はなみや)』で
くいーっと1杯。ふぐの唐揚、ふじこ、山芋の磯辺揚げ、ヒラメのお刺身、
お新香におむすび。美味しい楽しい時間を過ごして、帰宅。

ぐっっすり眠れましたー。
翌日の筋肉痛も、なんだか心地よい。 明日もっと痛くなったりして。


フランスでイチゴの香りの商標登録申請があったとか。結果は却下。イチゴの香りはそもそも1つでなく、大きく5つにわけられるそうで。フランスらしいなと思いました。source:J-wave Good Morning Tokyo

タカさんのストロベリーダンスが見たい。

marokoban at 19:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 21, 2005

問題です。

クラシックコンサート へ行く。
日本フィルハーモニー交響楽団第574回定期演奏会、場所はサントリーホール

クラシックコンサートは何度か行ったことがあるんですが、
『お!』と思ったのは、ほぼ定時に開演したこと。

ライブといえば、客の入りをみつつ、じらし作戦なのか、開演予定時間
より遅れて開始するものが大半。ロシアのなんやねん女性デュオ タトゥー
の1時間待たせの30分公演@東京ドーム、エルビス・コステロだったかは
NBAファイナルをどーしても観たくて、会場のファンを待たせた(記憶不確か)
などなどが「当たり前」になりつつある昨今。(強引やな)
さすがクラシックコンサートだけあって、パンクチュアル。

  クラシックはビギナーなわたし、の感想を。

ほう、さすが音楽専門ホール、といったつくり。
武道館やドームとはやはり音が違う。
客層は、んー オホホホホ な奥様方やオジサマ方、が大半。
あまり若い人はいない印象。2階。全体が見渡せるなかなかよい席。

ライブだけでなく、野球などスポーツ観戦もそうなんですが、
わたしはパフォーマンス(試合)よりも、観客に興味を持ってしまう性質。
着席するやいなや人間観察。キョロキョロキョロキョロ。

演奏開始。一通りホール内を観察したあとステージに目を。
上からみているから、よく見える。
ムツゴロウさん。 太田くん、福井くんもいる。アグネス・チャンもいる。
結構みたことがあるような顔が多く、身近な感じがした。(もちろん誰も知らん)

ステージ奥にはティンパニ+パーカッション4つ。そのタイコ達はなかなか
出番がなく、前でじっと出番を待つ演奏者達。タイコ=クライマックスという
ベタな印象を持っているもので、静かな曲調からその出番が想像できず、
いつ?いつ??とタイコが気になってしょうがない。

ヴァイオリンの竹澤恭子はソロが終わると仁王立ちで揺れる、
なかなか迫力のある人。
しかしヴァイオリンて、肩凝るだろうなー どのくらい腕を上下して
いるんだろう。と、竹澤恭子の演奏をみながら1,2,3,4・・・と腕の上下回数
を数える。130で眠気に襲われる。羊のカウントと同じ効果あり。

演奏者を照らす頭上のライトをみては
「あーああいうのが落っこちてきて、テリーをスザンナがかばったんだな」
とキャンディ・キャンディを回想したり。いやー楽しい。

休憩タイム。
することがないので、席でぢっとしていると、隣の母娘の会話が聞こえてきた。
「ちゃいこは短いからね」 どうやらちゃいこ=チャイコフスキー らしい。
「この交響曲は、ちゃいこらしいのよね」
ちゃいこちゃいこ、てアナタ寝てたじゃないの。

後半。ステージのムツゴロウさんがいない!と思ったら別の席に移動
していたり、最後勢いあまったパーカッション担当のスティックが
するっと飛んでしまったり、しかもよくみたら、タイゾー杉村に似てるし。

行く前は「寝てしまうかも」と心配していたけれど、上記の通り、
一瞬落ちかかった程度で、終始一人にやにやしていたのでした。
あー楽しかった。

+++

終了21時。そのままタクって大門へ。向かうはカラオケボックス。
定例と化している元同僚の集まりに合流。
参加者5名の選曲は以下。 全然若くない集まりですな。

A: 小柳ゆき BoA ユーミン 薬師丸ひろ子 99年紅白紅組 
   (美しい選曲。)

B: ユニコーン TMN サザン シャ乱Q Mr.Children
   (その名も 服部 あー懐かしい) 

C: 松田聖子 ドリカム リンドバーグ 工藤静香 郷ひろみ
   (1,2,サンバ)

D: Avril Lavigne 中島みゆき ZARD o-zone Dragostea Din Tei
   (しかもノマノマでマイアヒの空耳版)

E: 槙原敬之 70年ヒット曲 嘉門達夫 郷ひろみ
   (ゆけ!ゆけ!川口浩)

さて、わたしはAからE どれでしょう。当たった方、抽選でビール1杯。

今日は絵はナシ〜。


marokoban at 00:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 音楽的映像的。 

October 17, 2005

むしろ、裸。

一番リラックスしているとき。それは夜歯を磨いているとき。
一日の最後にぼっさーーーと脱力しながら磨く10分は頭真っ白。

虫歯はないものの、久しく歯医者に行っていないので、検査も
兼ねて行かねばならんと思ってます。
どーもあの音と歯⇒頭に響く感覚がイヤでイヤで、職場の検査で
たまーに行く以外はなるべく近寄りたくない場所。
しかし先日歯の知識に長けている友人と飲んだとき、熱く歯の
大切さとビョーキについて語っていただき、こりゃ行かんとな、
と腹を括ったところ。

  歯医者といえば。

話のネタとして、よく友人にたずねる話。
『口の中を見せるのと、裸を見せるのと、どっち。』

これは、イケメン歯医者サンに診てもらっている友人の話を
聞いたときのこと。私たち女子(・・・)は、それは照れるだ、
目が合うだ、口の中に手!!だのいい歳して、きゃーきゃー。

そして議論は好きな人に『口の中を至近距離で見せるのと、
裸を見せるのとならどちらが耐えられるか』に。

どうしてもこうありえない究極の選択で盛り上がってしまう私たち。

わたしは断然後者。
威張るところじゃない。そしてけして自信があるわけでもない。念のため。
口の中は、人間ぽさ丸出しだし、至近距離だし、だったら、
真っ裸になったほうがマシ。 がわたしの意見。
マッパこそ丸出しだろうよ!と突っ込みたくなりますが、
目とか耳とか鼻とか、感覚の宝庫?顔だから羞恥心が出てくる
のでしょうか。

この意見が大半であろう、と思いきや、結構意見は割れるんですよね。
性に差がでいるのかと、男性陣に聞いてみたが、同じく割れる。聞くなよ。

つまるところ、どうでもいい話なんですな。

至近距離で口あけてむきだし。ちょっとマヌケづら。
人間ぽさ丸出しだからこそ、そこまでできれば愛は本物だ。

なんて極論を出して、妙に納得するのでした。

て、愛の話だったの?違う違う。歯。

様様様様

marokoban at 22:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

October 16, 2005

ジャングルに住む。

毎週末思うのが、「あー部屋掃除しないと」。
ほんと、寝るだけに帰る家。寝るだけなんだから汚くなる要因なんてないはずだ!
てことはなく、とにかくちらかり放題。けれど部屋にいる時間がとにかく
短いからどうでもいい。と思ってしまうわたし。

姪と甥が遊びに来たときのこと。

「探検、探検♪」といってわたしの部屋に入っていった。探検するほど、
ジャングルに見えるらしい。
 
まいった。幼い子供の記憶が一生モノにならないうちになんとかせねば。。
歳をとって、姪とお酒を呑みながら「なおちゃん(と呼ばせてる)の部屋って
とにかく汚かったよねえ!」なんて過去を語られた日にゃー。。

と思うんだけど、いざ週末になるととにかくぐったり、もしくは狂ったように
遊びほうけるか、お持ち帰り宿題に没頭。

一向にキレイになることのない部屋。しまいには、現実逃避、1から出直せば
最初からキレイよ、と「引っ越そう」と思う次第。

1年以上前になりますが、当時は毎週末家中掃除機をかけて、お風呂掃除、
洗濯、ジムいって汗流して、、なんてストレス解消のリフレッシュに
ハマってたのですが、今はどうよ。

それこそ共用の場のクリーンさには今でもウルサイのですが、
運動?ハア??(摩邪風)と手っ取り早くゲルマニウム温浴に逃げ、
(そもそもゲルマニウム温浴はダイエットにあらず)

なんか全てにおいて、だらけている感あり。

何でこーなるのか。結局は精神的なものなんだと思うわけで。
先に述べた「掃除にジム行って充実」のころは、確かに仕事は激しく
ストレスがあったものの、転職は決まっていたし、夏休みがやっと
とれるという喜びや、新しい環境への期待感などで前向きだった。
ストレス解消が、けして「無理して」の行動でなかった。

ここ1年は、というと。忙しいのは自分だけではないし、仕事は面白い。
けれど実は苦手な「ヒト」を相手にする仕事。クライアントありきの
仕事となると、不必要に自分に高いバーを設けてしまい、エンドレスな
緊張の日々が続いて、週末はダウン。要領悪いんですね。
週末は何かしなきゃと焦れば焦るほど、しんどくなる。ジムに行くのも
何か課せられた気がしてしょうがない。

で、そういうときは、やる気にならないことは何もしないに限る。 
・・・が長く続きすぎた。。
基本、人生楽しまないと、ですから、やりたいと思ったことは
結構やっている性質。けど結局それが現実逃避になってるんですよね。

よし、来週は、部屋の掃除だ。なんで今日じゃないんだ。

少しずつ。でいいんでないの。



【本日購入】
『スター・ウォーズ エピソード3』
icon
オンライン特化20%OFF、予約期間中は配送料無料。

icon
icon


May the Force be with you



marokoban at 18:15|PermalinkComments(9)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 15, 2005

ヲトナの科学。

自宅で楽しむプラネタリウム、というのがひそかなブームらしく。
source:Yomiuri News

機材も2万円位で、6畳間ほどの広さでも充分楽しめるそうです。
肉眼で見える星の数は、6等星までの約8,600個、家庭用プラネタリウム
ではそれを上回る6.5等星まで、約1万個が映せるとか。
6.5等星よりも暗い、業務用でも稀といわれている、微細な6万個の
穴で表現された天の川をいれれば相当の数になるそうです。

あーーーほしい。。

と思ったけれど、この性格。使いこなせない⇒無駄でしょう。
となると、2万円は、高い。と思っていたら、いいものがありました。

大人のための科学体験キット、学研の『大人の科学』より、
”ピンホール式プラネタリウム”なるものが発売され、2,200円でこんな私の
部屋を宇宙に変えてくれるっていうのよ。

『大人の科学』いうたら、組み立てモノ。
このキットは単純なピンホール式。光源の光が正12面対に開けられた
微細な穴を通り、星として投影されるというもの。星の数は約1万個。
作る楽しみ、鑑賞する楽しみ。
こりゃーいい。  ひきこもり気味?暗い。。

早速、書店へ。3件まわって、どこも売り切れ。っくーーー。
完売だそうです。増刷待ちで、ネット予約しました。到着は11月下旬。

   たのしみが、ひとつ増えました。


※1ヶ月ぶりに、ゲルマニウム温浴&マッサージへ。ほえ〜っと充分汗をかいたあとのマッサージ、今回は全身。これはやみつきになる。


ipodacc_468-60.gif



marokoban at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 13, 2005

ぼんど。

今朝J-waveを聴いていたら、ジェームス・ボンドの話題が。

次期ジェームス・ボンド役の候補者として過去に挙がった人は
色々いますが、過去に『おぉぉぉおお』と思った候補は、
ユアン・マクレガーとジュード・ロー。かっこいいねぇ。
そんな噂もあっちゅう間に消えてしまい、最近の情報では
4候補にしぼられたとかいないとか。

そんな中新たな候補として挙がったのが、ダニエル・クレイグ
という俳優。顔をみてみたけれど、あまりピンとこない。

ふうんふうんと情報を探っていたところ、MI6のサイトが
オープンしたニュースに出会いました。

MI6とは、映画007シリーズで知られている英情報局秘密情報部、
Secret Intelligence Service(SIS)のMilitary Intelligence section6。
6課、てかんじでしょうか。5課と6課があるようで。

このジャンルは疎いので、調べた結果を書こうと試みましたが
なんだか奥が深い感じでして、その手の知識人にご指摘されそう
なので、やめておきます。

ともかく。

そのSISがHPを開設したというニュース

組織の存在自体が十数年前まで公となっていない、というその名の
通り、「秘密」だらけの組織。そこで歴史や役割、人員の
募集まで掲載しているそうです。

人材募集。。確かに、募集の話はちょっと前に話題になった気が。
なんて書いてあるのかさっぱりわかりません。んーー歯がゆい!

気になるので続きはまた今度。

大木凡人。イトコはヤクルト古田。

marokoban at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 11, 2005

ナウでヤング。

同僚5人でランチ。話題は、『3連休何をした』。
それぞれこんな↓

・群馬で友人の結婚式、日帰りDE疲れた
・3万円エステ、自分にご褒美
・話題の焼肉屋へ、並ぶこと2時間、食べるの30分
・高田馬場サンバフェスティバル参加
・レディースプランDE引きこもり

様々だねー。聞いているだけで、なんか面白い。

うちの会社はイベント好きが多く、週末もキャンプだゴルフだと
盛り上がってます。(どちらにも不参加のわたし)
近日開催の我らマーケティングチームの親睦会の話に話題が
移ったときのこと。

『XXから連絡のあった、”若手の会”いく?』
と最年少のAが同じく最年少のBに問いかける。

    何だ、若手の会、って?

『え、連絡来てないけど?』とすかさずわたしともう一人の同い歳のC。
・・・・そして沈黙が流れる。

どうやら若手社員でぱーっと飲もう、という企画があるらしい。
若手の線引きはどこで!!!!!!!ドコデ!!!!
AちゃんBちゃんともに3つ年下。企画者XXはさらに2つ年下。

ランチしたもうひとりのDが2つ下。彼女には案内が来ていないという。

結論。弊社の若手とは、27歳以下 らしい。
うちの会社はベンチャー企業。25歳〜30代前半が大半。
いうならば、みんな若い。若手社員。のつもり。
だのにぃ〜なぜぇ〜。

なんて歌ってる場合でなく、軽いショックを受けたのでした。
ちなみに、世間の調査ではこんなかんじ。

■若手の年齢の目安 source:Goooooooooooooooogle斜め読み
〜30歳

■「おばさん」て何歳? source:博報堂生活総合研究所
40〜60歳
ピークは50歳(83%が「おばさん」=複数回答)
10代後半〜20代の回答者に絞ると、「45歳」が「おばさん」のピークになった。


わたしの場合、このままだと「おっさん」になりかねない。
気をつけようっと。


ipodnanou_468-60.gif

marokoban at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 10, 2005

四季。

3連休。日⇒月と、友人とのんびりしよか、とホテルのレディースプランを。
宿泊したのは、フォーシーズンズホテル椿山荘東京
庭園側のガーデンビューのお部屋で1泊しました。

とにかくのんびり、が今回のテーマ。広々とした庭園のあるこのホテルから
一歩も出ることなく、くつろぎました!

まずホテルについて、日本庭園をお散歩。
結婚式が何件かあったようで、素敵な花嫁さんを何人もみかけました。

部屋からの景色。右奥はサンシャイン。
お部屋からの景色

庭園には布袋さん。
布袋寅泰

そしてDVD鑑賞。借りたのは3本。
今回はうち2本しか宿泊中に観られませんでしたが。。

■『彼女を見ればわかること
オムニバス構成の様々な女性の生き方にフォーカスしたもの。ちょっと切ない。
キャメロン・ディアスやアリーマイラブのキャリスタ・フロックハートなどが出演。
不倫中の銀行支店長を演じたホリー・ハンターは演技よし、
そしてとにかくかわいい!!!!!

■『ブルース・オールマイティ
とにかく馬鹿笑いしたくて、借りました。すごいねージム・キャリーって。
モーガン・フリーマンが神様役。恋人役にはとフレンズのジェニファー・アニストン。

■『フライド・グリーン・トマト
キャシー・ベイツ主演。過去の話を、年老いた老人が中年女性に語り聞かせる話。人間ドラマ。


夜はホテル内の和食レストランで鉄板焼にお刺身などなど堪能、
食後に夜の庭園をお散歩。そのあとバーで一杯くつろぎ、
お部屋でまたDVD観て、寝る。。

朝は10時にルームサーボビスにて朝食を。
のんびりまったり、美味しいものを食べて、気持ちがよかった1日。


フォーシーズンズのロゴマーク。その名の通り、四季が描かれています。
何の木だかよくわからないんですが、その木の葉が、上下左右で
異なります。右上が春、左上が夏、右下が秋、そして左下が冬。
あ、なるほど。

Four Seasons



marokoban at 19:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0) かくおもふ。 

October 08, 2005

電車男、の友達。

昨日読んだ雑誌『ダ・ヴィンチ』
たまに買うんですが、今回はタイトル見て即買い。

『ガラスの仮面いつ完結?』

とあったからなんですねー。『ガラスの仮面』とは、連載開始から29年経つ、
”幅広い層の読者から絶大な支持を誇る”、未完の超大作マンガ。
これといった長所のない少女が女優としての才能を見出され、伝説の名舞台
『紅天女』の再演を実現するためライバルと競い合う、というストーリー。
とにかく面白い。しかも名舞台『紅天女』は来年能舞台として公演されることに。

作者美内すずえは、ここ10年別のことに興味を持ってしまったのか、
連載が全然進まない。1巻出るのに6年かかったり。たまに本屋の
漫画コーナーで「ガラスの仮面」をみると、最新が何巻なのかもうわからず、
「あ!新しいのが出た!」と買って家に帰ってひらいてみると、
おいおいこれ持ってるよ、ってなことを繰り返し、わたしの家には
最新巻が3冊もあります。

『ダ・ヴィンチ』の記事に新作が出たことが触れられていたので、ようやく出たか!
と早速購入。遊びに来た姉に頼んで最新42巻を買ってきてもらう。

わーい。

はい。記事をちゃんと読んでいませんでした。
「2004年に最新が出た」と書いてあるものの、その続きが今回発売されたとは
一言も書いておりませんでした。

手にした最新巻は、まぎれもない、4冊目の最新巻42巻でした。とほ。

+++

演劇つながりで。

小学校の同級生が、俳優やってます。昨年友人が偶然観た劇に
出演していた彼の名は、菅原永二
小学校のときは、スポーツ抜群の悪ガキ、クラスの人気者、という
活発なイメージの菅原君。わたしが最後に会ったのは高校のときだったか。
カラオケで彼が歌った「田原俊彦」・・・がとても上手、昔は小柄だったけど、
小顔な長身に、そんな印象でした。

その菅原君が、ドラマに出演しました。話題になった、『電車男』

主役の友人ヲタク役だったよです。残念ながらわたしは1話も観られなかった
のですが、同級生の友人の誘いもあり、来月彼の所属する劇団の公演を
観に行くことになりました!


なんか、へんなかんじー。


自動更新_e-store1

marokoban at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) かくおもふ。